袋井市役所から徒歩30秒 相続税申告のお悩み 無料相談受付中!
お気軽にお電話ください

電話0120-0000-61

レイワ レイワ
営業時間:平日9:00~17:30

このような土地を持っていませんか?税理士によって評価に差が出る24種の土地 | 遠州相続支援センター

一般に相続財産額が高くなるほど相続税額は高くなります。

つまり相続税を低くするには相続財産額を小さくすればよいということです。

財産額なんて下げられるの?と思われる方も多いと思いますが、土地の評価額は大きく下げることができる可能性があります。

また、土地の評価額は誰がやるかによってどれくらい下げられるかが変わってきます。

ここでは相続税の節税ができる可能性の高い土地を紹介します。

ひとつでも当てはまれば相続税の節税ができるため、思い当たる方はぜひ一度ご相談ください。 

評価を下げないと損する土地

形の良くない土地(正方形や長方形でない土地)

間口の狭い土地&奥行が長い土地

車が対向できないほどの狭い道に面した土地

500㎡以上の住宅敷地・アパート・空地など

市街化区域にある田・畑・山林・原野

私道に面した土地

無道路地(道路に接していない土地)

 

道路・通路提供している土地

区分利用している土地

がけ地 や 地面が傾斜している土地

建物の建築・建替えが難しそうな土地

 

都市計画道路い土や区画整理の予定がある土地

道路との間に水路を挟んでいる土地

道路と地面の間に高低差がある土地

路線価が付されていない道に面した土地

突き当たり道路に面した土地

土地の中に赤道(里道)や水路が通っている土地

庭内神祀(社や地蔵尊など)がある土地

電車騒音・険悪施設(墓地など)・悪臭・土壌汚染がある土地

前と後ろで容積率が変わる土地

空中に高圧電線に通っている土地

隣接のビル・マンション建築時に建ぺい率・容積率を使ってしまっている空地

土砂災害警戒区域や急傾斜地崩壊指定区域にある土地

河川区域や宅地造成規制区域等にある土地

このような土地をお持ちの方は是非当事務所にご相談ください。

相続の専門家による無料相談を実施しております。

まずはお気軽に当事務所までお電話ください。

当事務所の無料相談について詳しくはこちら>>

PAGETOP