袋井市役所から徒歩30秒 相続税申告のお悩み 無料相談受付中!
お気軽にお電話ください

電話0120-0000-61

レイワ レイワ
営業時間:平日9:00~17:30

遺言がある方

状況

「父が亡くなりましたが、遺言があります。遺言の中に父の兄弟にも財産をあげて下さいと言う一文があります。何か注意する点はありますか?」

 

  • 事例

◎遺言・内容

 ・父(被相続人)の弟(イ)へ              100万円(A)

 ・父(被相続人)の妹(ロ)へ              100万円(B)

 ・妻へ [全体の財産 -((A)+(B))]× 1/2 = 3,000万円 

 ・子1へ[全体の財産 -((A)+(B))]× 1/4 = 1,500万円 

 ・子2へ[全体の財産 -((A)+(B))]× 1/4 = 1,500万円 

                        計     6,200万円

提案

  • 遺言どおりに財産を分けると相続税額はこのようになります。

1.遺産総額    6,200万円

基礎控除  △ 4,800万円3,000万円+600万円×3人)

課税財産    1,400万円

            ↓

相続税TOTAL    140万円

 

2.各人の相続税額

 ・(イ) 22,500 × 1.227,000(配偶者及び一親等の血族以外の者の場合は「×1.2)

 ・(ロ) 22,500 × 1.2 27,000(配偶者及び一親等の血族以外の者の場合は「×1.2)

 

 ・妻  667,400 ─→     0(配偶者の税額軽減)

 ・子1         338,700

 ・子2         338,700

                 計       741,400

 

  • でも、こうしたらどうでしょう。

1.遺言の意に叶う形で「遺産分割協議書」を相続人間(妻と子1と子2)で作成する。

 

2.遺産分割協議書の内容

 ・妻へ  3,000 +(A)+(B) = 3,200万円

 ・子1へ                1,500万円

 ・子2へ                1,500万円

                計    6,200万円

 

3.妻は3,200万円の中から、(イ)と(ロ)へ100万円ずつ贈与する

  ※(イ)の贈与税 110万円以内なのでゼロ

                       となる。

   (ロ)の贈与税 110万円以内なのでゼロ

 

4.各人の相続税額

 ・妻    722,500 ───→    0

 ・子1            338,700

 ・子2            338,700 

                677,400

    ※ (イ)の贈与税        0

      (ロ)の贈与税        0 

     相続税+贈与税 計     677,400

 

5.こうすれば、遺言どおりの配分となり

  しかも(イ)(ロ)は相続税の負担もなくなり

  相続税TOTAL741,400円─→677,400円へとダウンする。

  このような解決をさせて戴きました。

PAGETOP